Easter Egg Hunt ☆ 復活祭とエッグハント


I didn’t grow up celebrating Easter with my family in Japan. However, since my husband did with his family in the States and it is such a widely celebrated holiday in many parts of the world that I would like my children to learn about it. I’m not religious and I find religion very personal, plus it is always a sensitive topic, therefore, I’m going to only keep the cultural aspect of it on my blog.

My hubby and I put candies in plastic eggs the night before. That was the moment when I thought wow, he and I are actually parents! It was kind of crazy to think about it even though we’ve been married for a while. For hiding eggs, I delegated my husband to do the task in our living room and dining room. (Well, he’s better at it.) He hid them on a lamp shade, inside the candle holder, and other interesting places. The girls woke up next morning and were very excited about the egg hunt. Usually we don’t let them eat candies in the morning, but that morning was special and they’ve got to enjoy a few.

私は復活祭をお祝いして育っていないけど、夫は幼少期から復活祭は家族がお祝いしていたし、復活祭は多くの国で幅広くお祝いされている祝日なので、子供たちには学んで欲しいと思っています。私は宗教心がある分けでもなく、宗教はとても個人的な事だと感じるし、宗教はとても慎重に扱わなくてはならない話題なので、このブログ上では文化の面だけを取り上げますすね。

ということで、エッグハント。復活際というと、ジェリービーンズやチョコレート菓子が入ったプラスチックの卵を子供が探すアクティビティー。復活祭(イースター)前日の夜、夫と2人でプラスチックの卵の中にジェリービーンズやチョコなどを詰めました。そんな時、彼と親なんだな〜、と実感して、結婚してしばらく経つにもかかわらず妙に感動してしまいました。詰め終わった後、夫にリビングとダイニングルームに卵を隠すお仕事を担当してもらいました。ランプの上だったり、ろうそく立ての中だったり、面白いところに隠していましたよ。隠すと言っても、見えるところなんですが。娘達は復活祭の朝起きると、お菓子入りの卵を探すのをとても楽しみにしていました。普段朝にキャンディーを食べさせないのだけど、復活祭の日は特別ということで、許したので、嬉しそうに食べていました。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

Comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *